金曜ロードショー:ヒット作「アラジン」をテレビ初放送 “ランプの魔神”をウィル・スミスが完全再現

映画「アラジン」の場面写真(C)Disney Enterprises, Inc.
1 / 8
映画「アラジン」の場面写真(C)Disney Enterprises, Inc.

 5月21日の「金曜ロードショー」(日本テレビ系、午後9時)は、放送時間を35分拡大し、2019年公開の映画「アラジン」(ガイ・リッチー監督)を本編ノーカットでテレビ初放送する。1993年公開の同名ディズニーアニメを実写化したヒット作。「三つの願い」をかなえられるランプの魔人・ジーニーをウィル・スミスさんが完全再現したことでも話題になった。

 ダイヤモンドの心を持ちながら貧しい暮らしを送る青年アラジン(メナ・マスードさん)は、アグラバー王国の王女ジャスミン(ナオミ・スコットさん)と運命的な出会いをする。アラジンは王国の乗っ取りをたくらむ国務大臣ジャファー(マーワン・ケンザリさん)の甘言につられ、魔法の洞窟からランプを探してくることに。そのランプから現れた魔人ジーニー(スミスさん)は、アラジンに「三つの願いをかなえてあげる」と言うが……。

 日本語吹き替え版はアラジンの声を俳優の中村倫也さんが担当。ジャスミンを木下晴香さん、ジーニーを山寺宏一さん、ジャファーを北村一輝さんが担当している。

 次週5月28日の「金曜ロードショー」は、視聴者リクエスト企画「金曜リクエストロードショー」として、1986年公開の映画「スタンド・バイ・ミー」(ロブ・ライナー監督)を本編ノーカットで放送する。午後9時半スタート。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る