永野芽郁:小池栄子に“孤高の女戦士”と呼ばれウルッ 現場の姿勢を絶賛され感激

映画「地獄の花園」の公開記念配信イベントに登場した永野芽郁さん
1 / 15
映画「地獄の花園」の公開記念配信イベントに登場した永野芽郁さん

 女優の永野芽郁さんが5月22日、東京都内で行われた主演映画「地獄の花園」の公開記念配信イベントに、共演の小池栄子さんらと登場した。映画にちなみ互いの“異名”をつける企画で、小池さんが永野さんを「孤高の女戦士・芽郁かな。もっとほんわかしたイメージだったけど、アクション練習の姿勢から本番に至るまで、現場の在り方や居方を見て芯がすごく強い人だと感動した」と理由と併せて発表。現場での姿勢を絶賛された永野さんは、「うれしいですね。ちょっと泣きそうになりました。これからも頑張っていきます」と喜んでいた。

 イベントには、広瀬アリスさん、菜々緒さん、川栄李奈さん、大島美幸さん、関和亮監督らも出席した。そんな永野さんは広瀬さんの異名を聞かれ、「重低音アリス」と回答。「(撮影中)朝、隣の楽屋からイケイケの重低音が聞こえてきて『今どこかでライブあるのかな』と思ったので、そのイメージがある」と撮影中のエピソードを交えながら説明すると、広瀬さんは、「めちゃめちゃヒップホップかけていました。朝から『ポンッポンッ!』って」と笑っていた。

 「地獄の花園」は、お笑い芸人のバカリズムさんが手がけたオリジナル脚本で、主人公・直子の職場の裏で繰り広げられる、社内の派閥争いをかけた女性社員の拳による抗争を描く。ある日、一人の“カリスマヤンキーOL”蘭が中途採用されたことをきっかけに、全国から直子の会社が狙われることに……というストーリー。 

写真を見る全 15 枚

映画 最新記事