明日の仮面ライダーセイバー:第38章「聖剣を束ねる、銀河の剣。」 崩壊が進む世界 剣士たち、それぞれの想いが新たな未来を創る!

「仮面ライダーセイバー」第38章「聖剣を束ねる、銀河の剣。」の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 3
「仮面ライダーセイバー」第38章「聖剣を束ねる、銀河の剣。」の一場面(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第38章「聖剣を束ねる、銀河の剣。」が6月6日に放送される。予告映像では、セイバー/飛羽真(内藤秀一郎さん)ら剣士たちがソロモン/マスターロゴス(相馬圭祐さん)に立ち向かう姿が描かれているほか、「それぞれの想(おも)いが新たな未来を創る!!」といった文字も映し出されている。

 飛羽真はカリバー/賢人(青木瞭さん)を救ったが、その代償はあまりにも大きく、世界の崩壊が進む。ノーザンベースの剣士たちは、飛羽真の思いを察し、飛羽真に賢人の元に行けと促し、自分たちは決死の覚悟でマスターロゴスに立ち向かう。

 ブレイズ/倫太郎(山口貴也さん)たちがマスターロゴスと戦う中、飛羽真は賢人に会い、雷鳴剣を託す。しかし、その剣を手に取らない賢人。そんな中、仮面ライダーファルシオン/バハト(谷口賢志さん)が飛羽真の前に再び立ちはだかる。そして、世界の崩壊は最終局面を迎える……。

 「仮面ライダーセイバー」は、小説家の神山飛羽真が突如消失した世界の一部を元に戻すべく、炎の剣士・仮面ライダーセイバーとして戦う物語。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る