眞栄田郷敦:「ヒノマルソウル」で“父性”目覚める? テストジャンパーの姿に衝撃も

映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」に出演する眞栄田郷敦さん
1 / 7
映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」に出演する眞栄田郷敦さん

 1998年の長野五輪スキージャンプ競技を題材にした、田中圭さん主演の映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」(飯塚健監督、6月18日公開)に出演する眞栄田郷敦さん。「家族愛」も一つのテーマとなっている今作に出演し、「家庭を持ちたい」という気持ちが強くなったという。「圭さんと子役の子を見ているのは癒(い)やしでしたね」と目を細める眞栄田さんに話を聞いた。

 ◇命懸けの“裏方”に衝撃 「多くの方に知ってもらいたい」

 映画は、1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で惜しくも金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を目指しながらも故障で代表落選、日本代表を裏で支えることになった西方仁也(田中さん)らテストジャンパー25人にスポットライトを当てる史実をベースにしたオリジナルストーリー。眞栄田さんは、将来を有望視される実力のある選手ながら、けがを負ったことで競技にトラウマを抱えてしまっている南川崇を演じる。

 今作の題材となるテストジャンパーとは、代表選手たちの競技前に、ジャンプ台に危険がないかを確かめ、競技中に雪が降った際には何度も飛んでジャンプ台の雪を踏み固めるジャンパーのこと。その姿がクローズアップされて報道されることはほぼなく、世間ではあまり知られていない“裏方”だ。眞栄田さんも、今作への出演が決まるまではその存在は知らなかったという。だが、その仕事に「衝撃を受けました」と語る。

 「スキージャンプという競技が命懸けのスポーツだということは知っていましたが、表舞台の裏で、これほどまでに命を懸けている人たちがいたんだと驚きました。自分たちのためではなく表舞台の選手のために……というその姿や、さまざまな葛藤もあるその舞台裏を“もっと多くの方に知ってもらいたい”という思いで作品に臨みました」

 演じるのは、けがを負ってしまったことで、母国開催の長野五輪への切符を逃してしまい、渋々テストジャンパーを引き受ける南川。南川は実力の高さもあって、プライドも高く、その発言や行動が、時にテストジャンパーの輪を乱す場面もある。眞栄田さんは南川について、「嫌なヤツですね(笑い)」としながらも、「オリンピックという大舞台、自分とはプレッシャーの規模は違いますが、挫折があって、それを受け入れたくはない、自身の弱さを見せたくない、という部分には共感できます」としみじみ。「そんな南川が、周囲に感化されていって、最後に覚悟を決めて行動を起こす瞬間はぜひ見ていただきたいですね」と紹介した。

 ◇“家族愛”に感化 結婚は「30歳くらいに」?

 劇中では、仁也と妻・幸枝(土屋太鳳さん)らの「家族愛」も描かれる。地元の後援会に応援され、子供も授かった仁也は、現役最後の大舞台になるであろう長野五輪に全てを懸けていたが、ケガで代表から落選。失意の仁也は、幸枝に叱咤(しった)激励され、テストジャンパーとして前を向いていく。

 撮影現場では、そんな「西方家」の様子に和まされていたという眞栄田さん。「圭さんと子役の子を見ているのは癒やしでしたね。子役の子がすごく可愛くて……(笑い)。見ていたら、子供欲しいなって強く思うようになりました」と笑う。

 21歳の眞栄田さんは、周りにも家庭を持つ友人が徐々に増えてきたといい、「知り合いの子供を見ても、やっぱりいいなって思いますよね」とにっこり。「劇中の西方夫婦のような関係性は、すごくすてきだと思います」と“理想”も明かした。

 結婚の展望を聞くと、「30歳くらいかな……。結婚は自分が納得のいく仕事の基盤ができたら、と考えていて、30歳が仕事の基盤を作る目標でもあるので」という答えが。「男の子と女の子両方ほしいですね(笑い)!」と声を弾ませた。

 主演の田中さんについて、「圭さんが、率先して現場を和ませてくれたり、キャスト、スタッフみんなを引っ張ってくださった。安心感がある大黒柱のようなすてきな座長でした」と振り返る眞栄田さん。「今はまだ大黒柱のような役割を担うのも、役を演じるのも難しいですが、いつかはそんな存在になりたいですね!」と力を込めた。

写真を見る全 7 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る