ネメシス:広瀬すず&櫻井翔&江口洋介が撮了 最終回は「趣向のあるラスト」

連続ドラマ「ネメシス」を撮了した(左から)広瀬すずさん、江口洋介さん、櫻井翔さん=日本テレビ提供
1 / 11
連続ドラマ「ネメシス」を撮了した(左から)広瀬すずさん、江口洋介さん、櫻井翔さん=日本テレビ提供

 広瀬すずさんと櫻井翔さんダブル主演の連続ドラマ「ネメシス」(日本テレビ系、日曜午後10時半)。探偵事務所「ネメシス」のメンバーを演じた広瀬さん、櫻井さん、江口洋介さんがこのほど撮了。この度、3人のクランクアップコメントと、入江悠総監督、北島直明プロデューサーのコメントが公開された。

 美神アンナを演じた広瀬さんは、終盤のカンケン(菅研究所)でのシーンについて、「栗田さん(江口さん)、風真さん(櫻井さん)に会わなかった(カンケンの)撮影の時間は、別の作品?というくらいものすごくエネルギーを使ったので、嵐が過ぎ去ったっていうのはこういうことかと思いました」と回顧。「登場人物、シーンを含めマイナスなことがあまりないような、全員が前を向いて歩こうとしている(ネメシスの)姿を、このご時世だからこそ見てもらえて、そこから感じ取ってもらえるものがあったらういしいなと思います」と語った。

 櫻井さんは「撮影初日に3人がネメシスでそろったときに、ある意味手探りでパズルをはめていくような時間がありましたが、それを経ていまこんな空気になっているのがうれしい。一発目の皆の歩み寄り方が一緒だったような気がして、そこから基本的に変わらずいい三角形なのかなと思って撮っていました。いい時間でしたね」と回顧。最終回については、「また次の一歩を感じさせる趣向のあるラスト。また作品になるにせよ、ならないにせよ、ネメシスのこれからを感じながら見てもらえたらなと思います」とアピールした。

 「ネメシス」は、広瀬さんと櫻井翔さんのダブル主演。“天才過ぎる助手”アンナと、“ポンコツ探偵”風真(櫻井さん)の凸凹バディーが、コミカルなやり取りで難事件を解決していく物語。最終話(第10話)が6月13日に放送。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る