悠木碧:「さよなら私のクラマー」曽志崎緑役 選手たちの臨場感や熱量を 今感じている感覚を伝えたい

「さよなら私のクラマー」に出演する悠木碧さん
1 / 3
「さよなら私のクラマー」に出演する悠木碧さん

 女子サッカーがテーマのマンガが原作のテレビアニメ「さよなら私のクラマー」。「四月は君の嘘」で知られる新川直司さんの「さよならフットボール」「さよなら私のクラマー」が原作で、劇場版アニメ「映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ」が6月11日に公開されたことも話題になっている。蕨青南(わらびせいなん)高校女子サッカー部1年生の曽志崎緑を演じる悠木碧さんは「選手たちの臨場感や熱量を共有していただける方が楽しんでいただける作品」と感じているという。悠木さんに作品への思いを聞いた。

 ◇同じオタクでも大分違う… 私は動けないオタク

 --原作を読んだ印象は?

 スポーツって何より、プレーしている人が楽しんでくれていることが一番重要だよな、と思いました。楽しいから突き詰めたい。楽しいから知ってほしい。そういう情熱が伝わってくる作品です。

 --キャラクターの印象は?

 曽志崎緑を担当しています。ひょうひょうとしているように見せかけて根っこは熱く、泥臭い、めちゃくちゃカッコイイ子です。チームの司令塔で、それぞれの選手のこともよく見ています。

 --オタク気質なキャラクターですが、共通点は?

 熱中した時の深度は近いかもしれませんが、緑は動けるオタク、私は動けないオタクなので、同じオタクでも大分違うかもしれませんね……。

 --演じる際に意識したことは?

 最初のディレクションで、ギャグシーンも可能な範囲で生っぽく、と言われたことを大事に演じています。あとは、緑たちはスポーツ選手なので、緑が自分へダメ出しをする時や相手へダメ出しをする時、チームに指示を出す時などは、手加減なく愛を持ってハッキリと、を意識しています。

 ー-アフレコの様子は?

 和気あいあいと、とてもいい意味で学生時代のムードを思い出しながら収録できています。全員で集合できない昨今ではありますがその分相手を思いやりながらパスを出すことで、気持ちがつながるんじゃないかなと。

 --この作品ならではの挑戦は?

 「クラマー」は、選手たちの臨場感や熱量を共有していただける方が楽しんでいただける作品だと思うので、音の聞こえやすさよりも、緑が今感じている感覚というものを伝えてみたいなと思いました。加減が絶妙なので、やりすぎて、リテークになってしまうことなどもあったんですが、少しでも緑たちの感じているピッチの芝生の感触だったり、隣で走る仲間の体温だったり、全力で走りながら叫んだときの器官が焼ききれそうな……みたいな痛みだったり、そういうものが想像してもらえたらいいなと思ってチャレンジしてみました。うまくいっているといいなあ。

 ◇心に心地いい青春群像劇

 ー-サッカー経験は?

 我が家では父がサッカー大好きだったので、小さい時に何度か試合観戦に連れて行ってもらったことがあります。当時は本当によく分かっていなかったので、芝生がテレビで見なくてもキレイにシマシマなことに感動したりしてました。

 --中高生の時に夢中になったことは?

 イラスト部だったので、当時から物作りに夢中でした。うちの高校はスポーツ部がとても強くて、活躍している方も多かったのもあって、キラキラしていてちょっと遠い世界の印象でした。

 --最後に作品の見どころを教えてください。

 始まりから終わりまで、出来事がリアルだからこそ、希たちの心情に自分の気持ちが追いついていく……。そんな青春群像劇が心に心地いい作品です。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る