比嘉愛未:35歳の誕生日 サプライズで祝福され「心臓に悪い」 35歳の抱負も 

7月スタートの連続ドラマ「推しの王子様」の撮影で誕生日を祝福された比嘉愛未さん(右から3番目)(C)フジテレビ
1 / 1
7月スタートの連続ドラマ「推しの王子様」の撮影で誕生日を祝福された比嘉愛未さん(右から3番目)(C)フジテレビ

 6月14日に35歳の誕生日を迎えた女優の比嘉愛未さんのバースデーサプライズが、7月から放送される主演連続ドラマ「推しの王子様」(木曜午後10時)の収録現場で行われた。サプライズはドラマの舞台となるベンチャー企業「ペガサス・インク」の社員一同がそろうシーンのリハーサルで行われ、比嘉さんは「普通に芝居をするつもりで入ってきたので、心臓に悪い(笑い)」と驚きながらも「ありがとうございます! うれしいです」と笑顔を見せたという。

 同シーンは、社長の日高泉美(比嘉さん)がペガサス・インクの企画制作部に入るという設定。比嘉さんがリハーサルだと思って制作部に入ると、「生誕祭」「最推し」という文字が入った紙やうちわを持った共演の渡邊圭祐さん、ディーン・フジオカさん、徳永えりさん、瀬戸利樹さん、佐野ひなこさん、谷恭輔さんらが待っていて、比嘉さんを驚かせたという。

 比嘉さんは、誕生日の抱負を聞かれると、「なかなかいい年になってきたので、しっかりしなきゃと思っていますが、まだまだ、こうして“推し”てくれるということで(笑い)、たくさんの愛をもらって、この作品を盛り上げて、最後まで頑張ります! よろしくお願いします!」と答えた。

 ドラマは、女性向け恋愛ゲームを手掛けるベンチャー企業の社長・泉美が、一回り年下のイケメンだが無作法で、無教養、無気力の“残念すぎる王子様”五十嵐航(渡邊さん)を理想の男性に育てるため奮闘する姿を描く“逆マイ・フェア・レディ”。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る