中川大志:拳銃握り、新木優子と顔寄せ合う 「ボクの殺意が恋をした」メインビジュアル公開

7月4日スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」のメインビジュアル=読売テレビ提供
1 / 1
7月4日スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」のメインビジュアル=読売テレビ提供

 俳優の中川大志さん主演で7月4日スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)のメインビジュアルが6月22日、公開された。ビジュアルでは、主人公で“間が悪い”殺し屋の男虎柊(おのとら・しゅう)を演じる中川さんが、右手に拳銃を握り、柊の殺しのターゲットとなるヒロイン・鳴宮美月役の新木優子さんと顔を寄せ合っている。

 同月25日に、メインビジュアルとは別のビジュアルがドラマ公式サイトにアップされる。また、ドラマの制作発表会の開催と、同会が配信されることも発表された。

 ドラマは、映画「翔んで埼玉」「かぐや様は告らせたい」や、連続ドラマ「グッド・ドクター」「ルパンの娘」(ともにフジテレビ系)などの徳永友一さんが脚本を手掛けるオリジナル作品。育ての親が“伝説の殺し屋”とは知らずに、最高に“間が悪い”殺し屋へと成長した柊が、ターゲットの美月に禁断の恋をする、スリリングなラブコメディー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る