ナイト・ドクター:岸優太の細やかな表現力に「引き込まれる」 涙の演技にも「胸が締め付けられた」 「深澤先生」トレンド入り

連続ドラマ「ナイト・ドクター」第1話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ナイト・ドクター」第1話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第1話が6月21日に放送された。同話では、人気グループ「King & Prince」の岸優太さん演じる内科から救急に移った医師の深澤新が、過酷な救急の現場を前に戸惑い、不安に駆られる様子が描かれた。視線の動かし方など、細やかな演技で揺れ動く深澤を表現し、視聴者から「目の泳ぎ、声の震えがリアルすぎて」「表情に引き込まれる」「不安な気持ちがひしひしと伝わってくる」と注目を集めた。

 同局で放送された連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診療レポート~」(2019年)などの大北はるかさん脚本によるオリジナル作品。“昼夜完全交代制”を導入した「あさひ海浜病院」を舞台に、夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」の5人の医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合う姿を描く“青春群像医療ドラマ”。

 深澤は早くに両親を亡くし、病気がちの妹の面倒を一人で見ている。劇中では、深澤が救急患者の受け入れを断ったが、後に自身が拒否した患者が妹だったことが判明。自らの判断で妹が危険な目に遭ったことを知った深澤は、「ごめんな……」と言って涙を流した。

 同シーンでは「岸くんの涙に感動」「胸が締め付けられた」「涙腺崩壊」と、岸さんの涙が視聴者の感情移入を誘い、「目で全てを物語る感じすごい」と“目の演技”も話題になった。ツイッターでは「#岸優太」「深澤先生」「岸くんの演技」がトレンド入りした。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る