大友花恋:永野芽郁と2度目の親友役「なんてすてき!」 「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」でせりふに苦労

7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する永野芽郁さん(左)と大友花恋さん=日本テレビ提供
1 / 1
7月7日スタートの連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に出演する永野芽郁さん(左)と大友花恋さん=日本テレビ提供

 女性ファッション誌「Seventeen(​セブンティーン)」(集英社)の専属モデルで女優の大友花恋さんが、戸田恵梨香さんと永野芽郁さんダブル主演で7月7日にスタートする連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが6月26日、分かった。大友さんは、永野さん扮(ふん)する新米女性警察官の川合麻依の親友・ミーちゃんを演じる。

 大友さんと永野さんは同じ1999年生まれ。永野さんも「Seventeen」の専属モデルを務めていたことから、2人は大の仲良しだという。また、2人は2016年に放送された連続ドラマ「こえ恋」(テレビ東京ほか)でも親友同士を演じた。

 大友さんは、永野さんとの今回の共演について「芽郁の親友役ができるというお話を最初に伺った時に、なんてすてきだろう! と、撮影をずっと待ち望んでいました!」と喜びを語っている。撮影の合間については「普段とても緊張して下を向いてしまうことが多いのですが、芽郁のおかげで、他のキャストの皆さんともたくさんお話ができてうれしかったです!」と語っている。永野さんは、大友さんとの撮影について「楽しかったです! 花恋と親友役をやるのは2回目なので、いろんな縁を感じています」とコメントしている。

 大友さんは、「芽郁の役名が『麻依』なので、家で台本を読んでいる時に(本名の)『めい』と(役名の)『まい』が分からなくなり、今日も本番前に『麻依!』と何度も練習していました(笑い)」と苦労も明かしている。

 ドラマは、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中されている、元警察官の泰三子さんのマンガ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」が原作。刑事課の元エース・藤聖子(戸田さん)と、ひよっこ警察官の麻依という交番勤務のでこぼこコンビが互いに支え合いながら事件、雑務、恋に奮闘する姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る