ボクの殺意が恋をした:水野美紀が殺し屋組織の責任者に “間の悪い殺し屋”中川大志のよき理解者

連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」で綿谷詩織を演じる水野美紀さん=読売テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」で綿谷詩織を演じる水野美紀さん=読売テレビ提供

 俳優の中川大志さん主演の連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(7月4日〜、読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)。中川さん扮(ふん)する最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(おのとら・しゅう)が、ターゲットの人気マンガ家・鳴宮美月(新木優子さん)に禁断の恋をする……というスリリングなラブコメディーだ。水野美紀さん演じる殺し屋組織の責任者・綿谷詩織を紹介する。

 ◇表の顔は準キャリア刑事 裏では殺し屋組織の責任者

 詩織は、警視庁の生活安全課に所属している準キャリアの刑事。穏やかで優しい性格だが、警察内部の極秘殺し屋組織「SOS(Secret Operation Service)」の責任者。SOSは法で裁けない人間を闇に葬り去るのが目的。詩織は強い責任感と使命感を持っている。

 幼い時から何かと柊の面倒を見てきた。柊にとって詩織は、心を許せる精神的支えのような存在で、よき理解者かつ相談相手でもある。心優しい柊が殺し屋になった後、身を引くよう何度も諭す。

 ◇初回ストーリー

 幼い頃に両親を亡くした柊は、両親の友人の男虎丈一郎(藤木直人さん)に育てられ、丈一郎の営む清掃会社で働いてきた。

 ある日、丈一郎は柊に「リタイアして清掃会社を譲る」と告げる。その夜、柊は詩織から、丈一郎が何者かに撃たれて亡くなったと言われる。混乱する柊は、詩織から、警察にはSOSという極秘殺し屋組織があり、丈一郎はSOS所属の伝説の殺し屋だったと聞かされる。

 詩織は、丈一郎のような殺し屋に恨みを持つ裏組織の人間の仕業だと語る。事件現場付近の監視カメラには、美月が丈一郎を撃つ姿が映っていたと告げる。美月にはテロ組織に多額の資金を提供している疑いがあり、指令を受けた丈一郎が美月を狙ったところ、返り討ちに遭ったと説明する。

 柊は殺し屋になって丈一郎の任務を引き継ぎ、復讐(ふくしゅう)を決意して……。

 ドラマは、映画「翔んで埼玉」「かぐや様は告らせたい」や連続ドラマ「グッド・ドクター」「ルパンの娘」(共にフジテレビ系)などの徳永友一さんらが脚本を手掛けるオリジナル作品。

テレビ 最新記事