注目アニメ紹介:「死神坊ちゃんと黒メイド」 世界で一番切ない両想い 「サンデーうぇぶり」人気マンガがテレビアニメ化

テレビアニメ「死神坊ちゃんと黒メイド」の一場面(C)イノウエ/小学館・死神坊ちゃんと黒メイド製作委員会
1 / 7
テレビアニメ「死神坊ちゃんと黒メイド」の一場面(C)イノウエ/小学館・死神坊ちゃんと黒メイド製作委員会

 小学館のウェブマンガサービス「サンデーうぇぶり」で連載中のイノウエさんのマンガが原作のテレビアニメ「死神坊ちゃんと黒メイド」が、7月4日からTOKYO MX、読売テレビ、BS11ほかで順次放送される。魔女に呪いをかけられたことで孤独な日々を送る貴族の坊ちゃんと、メイドのアリスの恋物語が描かれる。「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」などの山川吉樹さんが監督を務め、「とある魔術の禁書目録」などのJ.C.STAFFが制作する。

 貴族の坊ちゃんは、幼い頃に「触れたもの全てを死なせてしまう」呪いを魔女にかけられ、孤独な日々を送っていた。そんな彼に仕えるのが、メイドのアリス。しかし坊ちゃんにとってアリスの存在は、一番の悩みの種だった。なぜなら、アリスは日常的に逆セクハラを仕掛けてくるからだった。

 いつもギリギリの距離で誘惑を仕掛けるアリスをいとおしく思う坊ちゃんだが、手をつなぐことさえ許されない。執事歴50年のロブや坊ちゃんの妹・ヴィオラらを交えて、坊ちゃんとアリスの世界で一番切ない両想(おも)いが描かれる。

 「鬼滅の刃」などの花江夏樹さんが坊ちゃん、真野あゆみさんがアリスを演じ、声優として大塚芳忠さん、水瀬いのりさん、倉持若菜さん、神谷浩史さん、内田雄馬さんが出演する。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る