TOKYO MER~走る緊急救命室~:第2話視聴率 初回超え14.3%で好調維持! “研修医”中条あやみが現場で重大手術

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第2話が7月11日に放送され、平均視聴率(世帯)は14.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。前週第1話の14.1%(同)を上回り、好調を維持した。

 本作は、映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手がけた黒岩勉さんが脚本を担当。都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。

 第2話は、工事現場で鉄骨落下事故が発生し、TOKYO MERが出動。自身を危険にさらしてまで手術するチーフの喜多見幸太(鈴木亮平さん)に、研修医の弦巻比奈(中条あやみさん)は反発する。しかし、比奈のミスで患者が命の危機に。

 比奈が自信を失う中、新たに夏祭りでの爆発事故現場への出動命令が下る。多数の重傷患者を前にした比奈は「医師の命を守る責任の重さ」に立ちすくんでしまう。喜多見からたった一人での重大手術を任された比奈は試練を乗り越えられるのか……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る