ボクの殺意が恋をした:アシスタント・田中みな実の“行動”に視聴者「怪しい」「やはり裏が?」

連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」第3話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」第3話のワンシーン=読売テレビ提供

 俳優の中川大志さんが主演を務める連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第3話が7月18日に放送された。同話の終盤では、人気マンガ家・鳴宮美月(新木優子さん)のチーフアシスタント・水瀬千景(田中みな実さん)が、男虎柊(中川さん)について、探偵に報告させるシーンが描かれ、SNSでは「怪しいと思っていた」「何者?」「やはり裏が?」といった声が上がった。

 第3話では、美月のマンガ「ハリネズミ探偵・ハリー」の映画化作品に、殺し屋とモデルという二つの顔を持つ八乙女流星(鈴木伸之さん)の出演が決定する。そして流星は、美月や柊、アシスタントの千景らをもてなそうと「グランピング(ぜいたくなキャンプ)」を計画する。一行がグランピングを楽しむ中、柊は美月から目を離してしまう。同じ頃、流星は美月を散歩に連れ出し、山の中へ入っていく……という展開だった。

 千景は、柊と死亡した男虎丈一郎(藤木直人さん)の関係性についても調査を依頼していて、丈一郎が柊の育ての親だったと知ると、不気味な表情を見せた。視聴者からは「もしかして黒幕?」「田中みな実が最強キャラ?」「今後が楽しみ~」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る