菜々緒:「TOKYO MER」看護師役に多くの反響 “届けられている”手応えを実感 “目の演技”はまばたきまで意識

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」で蔵前夏梅を演じる菜々緒さん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」で蔵前夏梅を演じる菜々緒さん(C)TBS

 特殊救命チーム「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)」の活躍を描く「日曜劇場」(TBS系、日曜午後9時)枠で放送中の連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」。本作で、チームの優秀な看護師・蔵前夏梅を演じるのが菜々緒さんだ。放送がスタートしてから、菜々緒さんの元には看護師として働く視聴者から多くの反響が寄せられているといい、ドラマを「届けられている」と手応えを明かす。撮影現場の様子や、マスクをしながらの演技でこだわっているという目の表現などについて聞いた。

 ◇敏腕看護師役で緻密な役作り まばたきまで意識した“目の演技”も

 菜々緒さん扮(ふん)する夏梅は、チームを担うチーフドクター・喜多見幸太(鈴木亮平さん)の右腕として活躍する看護師。救命救急の知識と経験が豊富なだけでなく、第2話では研修医の弦巻比奈(中条あやみさん)を精神面からもサポートするなど、メンバーを支える姿も印象的な役どころだ。

 菜々緒さんは「仕事ができる看護師は研修医のサポートまでしっかりできると聞いたので、現場で指導してくださる医療監修の先生方にはそういったところまで教えていただきました。夏梅はいろいろなところに目を配っていたり、“欲しいところに手が届く人”だと思っているので、メンバーをフォローできるような感じを出せるように心がけています」と明かした。

 また本作では、患者への処置や手術など、劇中の医療行為の演技をキャスト自身が行っており、菜々緒さんはオペのシーンが一番大変だと吐露。しかし、「私は喜多見先生に器械出しをするのですが、鈴木さんとはどこに手を置いたら受け取りやすいかなど、一つ一つの動きを相談しながら進めています」と真摯(しんし)に取り組む。

 ドラマではマスクを着けたまま撮影するシーンも多く、「見えている目や眉の動きだけで感情を表現しないといけない。まばたきの回数だったり、細かいところまで意識しながら演じています」と、緻密な役作りの様子をうかがわせた。

 ◇鈴木亮平のすごさに「毎日圧倒」 共演者とのチームワークは「ピカイチ」

 そんな過酷な撮影を引っ張るのが主演の鈴木さんだ。菜々緒さんは「鈴木さんは膨大な量のセリフを覚えながら、オペのシーンも全て完璧にこなされているし、座長としても楽しい雰囲気を作ってくださっていて。鈴木さんのすごさを毎日目の当たりにして圧倒されています」と尊敬のまなざし。「皆さんにも現場に見に来ていただきたいくらいです」と話していた。

 チームのメンバーには菜々緒さん、鈴木さん、中条さんのほか、医系技官・音羽尚役の賀来賢人さん、麻酔科医・冬木治朗役の小手伸也さん、臨床工学技士・徳丸元一役の佐野勇斗さん、看護師ホン・アラン・ミン役のフォンチーさんが集結。劇中では、職種も立場も異なる7人が、患者の命を救うために協力し合う姿も見どころだ。

 年齢差のあるキャスト同士だが、菜々緒さんは「みんなでふざけあったり、クラスメートみたいな温かい空気感です」と告白。「クランクインの1カ月前くらいからリハーサルを進めていたこともあって、チームワークはピカイチなんじゃないかと思います」と関係性を明かした。

 ◇看護師から多くのメッセージ ドラマを「届けられている」と実感

 ドラマがスタートしてから約半月。菜々緒さんの元には視聴者からたくさんの反響が寄せられているという。「看護師の方からもメッセージをいただいていて、中でも『夏梅さんのような看護師になりたい』というコメントが多いのが印象的です」と話す。

 「ほかにも、『看護師にもスポットが当たっていてうれしい』といった感想や、看護学生の方から『大変でくじけそうだけど、ドラマを見て奮い立たされた』『もう一回頑張ってみよう』という声もあって。いろいろな方に作品を届けられているのかなと、手応えを感じています」と充実感をのぞかせた。

 最後に菜々緒さんは「命の重みを毎日感じながら仕事をするというのは、精神的にも体力的にも大変なこと。ドラマや役を通して、医療従事者の皆さんのすごさを改めて知りました」と痛感。「いろいろなことに全力で頑張ることが大事だなと思いました」と語っていた。

 ◇

 7月25日に放送される第4話は、トンネルが崩壊する大事故が発生し、心臓移植のためのドナーの臓器を乗せた車が事故に巻き込まれてしまう、というストーリー。

 菜々緒さんは「撮影はトンネルを封鎖して行われ、ドラマとは思えないようなスケールになっています。第4話は全員が主役となって、心臓を無事に患者の元に届けようと奮闘する“命のリレー”の物語。息をするのも忘れるくらい見入ってしまう第4話になっているので、ぜひ期待していてください」と呼びかけた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る