女の戦争~バチェラー殺人事件~:第5話 ついに最後の2人に絞られる “御曹司バチェラー”古川雄大の父が登場

俳優の古川雄大さんが主演を務める連続ドラマ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」第5話のワンシーン(C)テレビ東京
1 / 5
俳優の古川雄大さんが主演を務める連続ドラマ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」第5話のワンシーン(C)テレビ東京

 「ミュージカル界の貴公子」と呼ばれる俳優の古川雄大さん主演の連続ドラマ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」(テレビ東京、土曜午後11時25分)第5話が7月31日に放送される。

 残された女性3人の中から、ついに最後の2人に絞られる。ここで、哲也(古川さん)の父・英一郎(羽場裕一さん)が登場し、残った2人は、驚くべきテストで対決することに。英一郎には哲也に落としてもらいたい女性がいる。その理由とは……。

 古川さん演じる御曹司バチェラー・鳴戸哲也を巡る女性7人のバトルを描く愛憎サスペンスドラマ。バトルの末、たどり着いたのは哲也の死。哲也が最後に選ぶのは誰なのか、そして哲也を殺すのは誰なのか?

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る