TOKYO MER~走る緊急救命室~:“涼香”佐藤栞里の活躍に「さすが喜多見先生の妹!」 「誰の妹だと思ってるんですか」のせりふ、演技力も話題

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第5話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第5話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるTBS系の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第5話が、8月1日に放送された。同話では、喜多見幸太(鈴木さん)の妹・涼香(佐藤栞里さん)がエレベーター事故に巻き込まれ、絶体絶命の状況ながらも、患者の処置に当たる音羽尚(賀来賢人さん)をサポートをする姿が描かれた。視聴者からは「優しくて正義感が強い」「さすが喜多見先生の妹!」「めちゃくちゃかっこいい」といった声が上がった。

 本作は、都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。第5話は涼香と妊婦を乗せたエレベーターが火災で急停止。乗り合わせた音羽と大物政治家・天沼夕源(桂文珍さん)と共に閉じ込められる。エレベーターには煙が充満し、やがて酸欠状態に。さらに妊婦の容態が急変し、音羽が緊急手術を執刀する……という展開だった。

 劇中では、涼香が煙に苦しみながらも妊婦を気遣ったり、機転を利かせた行動で外部へ情報を伝えたりと活躍。さらに、レスキュー隊から届けられた酸素マスクを音羽にも分け与え、音羽が涼香を心配すると「誰の妹だと思ってるんですか」と気丈なところを見せた。

 どんな状況でも諦めない喜多見の妹である涼香の発言に対し、SNSでは「パワーワード」「説得力ありすぎる」「ほれた」と注目が集まったほか、「佐藤栞里ちゃん、こんなに演技がうまかったのか」「もっと演技してるの見たい!」と佐藤さんの演技力も話題となった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る