純ちゃんの応援歌:山口智子主演1988年朝ドラ再放送 NHK総合で9月27日から

山口智子さん主演の連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」 (C)NHK
1 / 4
山口智子さん主演の連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」 (C)NHK

 女優の山口智子さん主演の1988年度後期の連続テレビ小説(朝ドラ)「純ちゃんの応援歌」がNHK総合で9月27日から再放送されることが分かった。毎週月~金曜午後4時20分~同50分に1日2本ずつ放送。

 ドラマは、戦後期の関西(和歌山、大阪、兵庫)を舞台に、弟思いで野球の大好きな、明るく元気なお姉さん・小野純子が、甲子園球場近くに旅館を開き「高校球児の母」と呼ばれるすてきな女将(おかみ)さんとなるその半生を、小さな家族の大きな愛の物語として、涙と笑いとペーソスで、さわやかに描いた青春奮戦記。

 山口さんは「戦争や愛する家族との別離の中で、亡き父や弟や甲子園球児たちの『夢』を自分の『夢』として生きた純子。私も純子を生きることで、自分の未来に向かって、勇気を持って一歩を踏み出すことができました。また、美しい主題歌にどんな苦難の時でも空を見上げ、希望を胸に進む力をいただきました。かつてジュディ・ガーランドが映画の中で歌った、『虹の彼方に』を思い出させるキラキラとしたメロディーは、今も私の人生の応援歌です」とコメントしている。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る