探偵!ナイトスクープ:奇人変人3連発! 「ゴキブリになりたい」「ナイトスクープをドタキャン」「イカとの戦いに勝ちたい」

8月27日放送の「探偵!ナイトスクープ」の一場面=ABC提供
1 / 1
8月27日放送の「探偵!ナイトスクープ」の一場面=ABC提供

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんが局長を務める人気バラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(ABC)。8月27日の放送は、真栄田賢探偵が「ゴキブリになりたい52歳」、竹山隆範探偵が「ナイトスクープをドタキャンした男!?」、橋本直探偵が「イカとの戦いに勝ちたい!?」を調査した。

 「ゴキブリになりたい52歳」は、福岡県の男性(52)から。3年前、台所で巨大なゴキブリが飛ぶ姿を見た瞬間、「カッコいい!」と思った。いろいろ調べてみると、ゴキブリの身体能力の高さ、足の速さ、生命力に魅了され、今はゴキブリこそ強さの象徴だと思っている。どうやったらゴキブリになれるのか? 憧れのゴキブリになりきって走り回りたい、隙間に入ってみたい、美しく飛んでみたい……というもの。特製のリアル“ゴキブリスーツ”に身を包んだ依頼者が、ゴキブリ体験に大興奮する。

 「ナイトスクープをドタキャンした男!?」は、福岡県の男性(39)から。7年前、大牟田市で卵かけご飯早食い大会が開催され、2014年、2015年と2年連続、決勝で同じ男に負けた。そこで卵の入れ方、食べ方を試行錯誤し、次の大会を待っていたが、早食い大会は中止になってしまった。どうしてもあの男に勝ちたい、という依頼。

 しかし、依頼文はまだ続きが。依頼人は以前、違う依頼で採用されたが、ロケ当日にドタキャンしてしま、謝罪しないといけない。今回、もしドタキャンしたら100万円を払う……という内容。以前、依頼者にドタキャンを食らった竹山探偵がまたも担当。早速、依頼者の自宅を訪ね、ノックをするが応答はない。果たして、ロケは成立するのか!?

 「イカとの戦いに勝ちたい!?」は、徳島県の男性(28)から。依頼人は大のイカ嫌いで、克服しようと頑張ったが、どうしても食べられなかった。思い返せば、ことごとくイカに翻弄(ほんろう)され、嫌な思い出には必ずといっていいほど、イカが関わっている。イカに負け続けてきた人生に終止符を打ちたいので、力を貸してください、というもの。「イカとの戦い」とは何を意味するのか、壮絶な展開にスタジオ中が騒然となる。

 午後11時22分から放送(『熱闘甲子園』の放送があった場合は午後11時52分から)。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る