きのう何食べた?:“シロさん”西島秀俊、“ケンジ”内野聖陽の仲むつまじい姿 ただならぬ雰囲気の“小日向”山本耕史&“ジルベール”磯村勇斗も 劇場版新カット

「劇場版 きのう何食べた?」の一場面(C)2021 劇場版「きのう何食べた?」製作委員会 (C)よしながふみ/講談社
1 / 9
「劇場版 きのう何食べた?」の一場面(C)2021 劇場版「きのう何食べた?」製作委員会 (C)よしながふみ/講談社

 俳優の西島秀俊さんと内野聖陽さんダブル主演で、話題となった連続ドラマ(2019年4月期、テレビ東京系)の映画「劇場版 きのう何食べた?」(中江和仁監督、11月3日公開)の新たな場面写真が公開された。西島さん演じる筧史朗(通称シロさん)と内野さん演じる矢吹賢二(通称ケンジ)、小日向大策(山本耕史さん)と、“ジルベールみたいな美少年”こと井上航(磯村勇斗さん)の2組のカップルが和気あいあいと食卓を囲む姿や、ただならぬ雰囲気で向かい合う小日向と航の様子などを収めている。

 「きのう何食べた?」は、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中のよしながふみさんの同名マンガが原作。料理上手で倹約家の弁護士・シロさんと、その恋人で人当たりの良い美容師・ケンジのカップルを主人公に、毎日の食卓を通して浮かび上がる男2人暮らしの機微を描く。映画は、京都旅行に行ったシロさんとケンジは、旅をきっかけに、互いに心の内を明かすことができなくなってしまい、シロさんとケンジの今後の人生を揺るがす物語。

 ティザービジュアルを使用したムビチケ前売券も9月3日に発売される。

写真を見る全 9 枚

映画 最新記事