内田理央:西野七瀬主演ホラードラマに出演 三吉彩花、中村ゆりか、堀田真由、森田望智、石井杏奈と“言霊荘”の住人に

10月スタートの連続ドラマ「言霊荘」に出演する(前列左から)中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、(後列左から)石井杏奈さん、内田理央さん、三吉彩花さん=テレビ朝日提供
1 / 1
10月スタートの連続ドラマ「言霊荘」に出演する(前列左から)中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、(後列左から)石井杏奈さん、内田理央さん、三吉彩花さん=テレビ朝日提供

 女優の内田理央さんが、西野七瀬さん主演の10月スタートの連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)に出演することが9月4日、分かった。内田さんは、物語の舞台となる女性限定マンションの住人を演じる。マンションの住人役として、三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さんが出演することも発表された。

 本作は、女性限定マンション「レディスコート葉鳥」を舞台に、“言霊”という“人ならざる者”に住人女性たちが次々とさいなまれていく姿を描くホラードラマ。

 内田さんは、マンションの6号室に住む編集者・渡邊瞳、石井さんは、5号室の小学校教師・林原早紀、森田さんは、4号室の医者・菊川麻美、堀田さんは、3号室のフリーアナウンサー・小宮山綾子、中村さんは、2号室の都議会議員の私設秘書・丸山栞、三吉さんは、1号室の作詞家・阿木紗香をそれぞれ演じる。

 内田さんは、「私自身、幽霊やお化けが苦手で、お話をいただいた時はどれくらい怖いんだろうと、まずは恐怖を感じました(笑い)。でも、ドキドキする展開に加え、『言霊』という題材も面白いなと思いました」とコメント。「共演者に同世代の方がいっぱいいて、それがとてもうれしいです! 今までこんなに女性が多い現場の経験がなかったので、すごく楽しみでワクワクしています」と明かした。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る