吉川愛:まるで別人!? マンバギャル役初挑戦 実写「古見さんは、コミュ症です。」で

NHKの連続ドラマ「古見さんは、コミュ症です。」で万場木留美子を演じる吉川愛さん (C)NHK
1 / 1
NHKの連続ドラマ「古見さんは、コミュ症です。」で万場木留美子を演じる吉川愛さん (C)NHK

 女優の吉川愛さんが、NHKの「よるドラ」枠(総合、月曜午後10時45分)で9月6日にスタートする連続ドラマ「古見さんは、コミュ症です。」で、マンバギャル役に初挑戦し、まるで別人な姿を披露する。

 ドラマは、マンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中のオダトモヒトさんの人気マンガを実写化。人の気持ちを察するのが得意な男子高校生・只野仁人が、コミュニケーションが苦手な“コミュ症”の美女・古見硝子の「友達を100人作る」という夢に協力することになる“コミュ症”コメディー。増田貴久さんが只野仁人、池田エライザさんが古見硝子を演じる。

 吉川さんは古見硝子と只野仁人のクラスメート・万場木留美子役での出演。留美子は、派手なヤマンバメークとギャル語のために周囲から浮いている。一見活発で気が強そうに見えるが、見た目とは裏腹に孤独からくるストレスを抱えていて体調が優れない。「本当は誰かと一緒にご飯が食べたい」という本音が言えず、昼休みになるといつも一人で教室を出て行ってしまう……。

 吉川さんは「私は、あまりコミュニケーションをとるのが得意な方ではなく、昔は友達がいなくても平気なそぶりをし、一人で本を読んでいるふりをしていたこともありました。今回、万場木ちゃんを演じることになってから、そのときのことを振り返り、懐かしいなと思いながら、恥ずかしさなどもあったことを思い出しました。このお話はコメディーでもあり、感動するお話です。いろいろな方に見ていただけるように頑張ります」とコメントしている。

テレビ 最新記事