科捜研の女:シーズン21が10月スタート 現行連ドラの最多シリーズ記録更新

連続ドラマ「科捜研の女」主演の沢口靖子さん=テレビ朝日提供
1 / 4
連続ドラマ「科捜研の女」主演の沢口靖子さん=テレビ朝日提供

 女優の沢口靖子さん主演の人気ドラマシリーズ「科捜研の女」(テレビ朝日系、木曜午後8時)のシーズン21が10月から放送されることが9月9日、分かった。1999年のスタート時から根強い人気を誇る同作は、現行の連続ドラマで最多シリーズの記録を更新する。

 「科捜研の女」は、京都府警科学捜査研究所、通称「科捜研」の法医研究員・榊マリコ(沢口さん)が、法医学、化学、文書鑑定などを駆使して、遺留品から事件の真相に迫る姿を描くミステリー。

 シーズン21では、公開中の映画「科捜研の女 -劇場版-」(兼崎涼介監督)にも出演し、マリコと因縁のあるキャラクターが続々登場。第1話には、マリコの元夫・倉橋拓也(渡辺いっけいさん)が登場し、自らが室長を務める警察庁「刑事指導連絡室」に、マリコを引き抜こうとする。

 シーズン21でも、ドラマの名物でもあるマリコの意外な姿が随所で描かれる。第1話では、検視するのではなく、検視“される”マリコが登場。第2話以降では、ラーメンの大食い選手権に挑むマリコ、ピアノに挑戦するマリコ、靴磨きをするマリコなども登場する。

 沢口さんは、「20周年の集大成として臨んだ劇場版が無事公開され、『season21』という新たなステージに向けて出発する、勢いに満ちた気持ちです。シリーズ史上最強の敵に立ち向かった映画を経て、マリコの真実を追求する姿勢に変わりはありませんが、今回のシーズンではキャリアを積んだマリコの“余裕”を表現できたらと思っています」と意気込みを語っている。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る