ボイス2:内通者の正体に視聴者騒然 「まじかよ!!」「まだどんでん返しありそう」(ネタバレあり)

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第8話の場面写真=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」第8話の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)第8話が9月11日に放送。これまで久遠(安藤政信さん)に警察内部の情報を提供していた“内通者”の正体が明らかになり、「衝撃! まじかよ!!」「まだ何かどんでん返しがありそうな……」と視聴者が騒然となった。

 ◇以下、ネタバレあり

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く。

 第8話では、撃たれた石川(増田貴久さん)を必死に止血する樋口(唐沢さん)。屋上を飛び出したひかり(真木よう子さん)が犯人を追うと、顔にやけど痕の残る重藤(増田昇太さん)がいた。港東署に特別捜査本部ができ、捜査1課主導で重藤捜索が始まる中、久遠から110番が入り、重藤が人を殺すと告げる。

 終盤、現場に駆けつけた樋口たちによって逮捕された重藤。しかし重藤は、石川を撃ったのは自分ではないことを告白する。そんな中、狙撃事件直後の避難誘導時に、防犯カメラに一切映らないように行動していた捜査員が発覚。久遠との内通者は、捜査1課の捜査員・片桐優斗(中川大輔さん)だった。片桐はすかさず通孝(藤本隆宏さん)に銃を突き付ける……という展開だった。

 SNSでは「片桐! やっぱりお前かー!」「でも何が目的なのかわからん」といった反響があったほか、「内通者なのバレて銃を向けてる時の表情の切り替えがすごすぎる」「片桐のラストの表情が最高過ぎる」と、中川さんの演技を絶賛する声もあった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る