小芝風花:「かのきれ」は「愛が詰まった作品」 最終回迎え「皆さんに出会えて幸せでした」

小芝風花さん
1 / 1
小芝風花さん

 女優の小芝風花さんが9月14日、自身のインスタグラムを更新。同日に最終回を迎えた連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)のオフショットを公開し、「この作品に出会えて、スタッフ、キャストの皆さんに出会えて、佐藤愛という役に出会えて、ほんっっとうに幸せでした」「もう、言葉では言い表せないくらいの愛が詰まった作品です!!」とつづった。

 本作は、さえない太っちょ少年からイケメン毒舌エリート男子になった長谷部宗介、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛という、真逆の成長を遂げた2人の初恋すれ違いラブストーリー。小芝さんが愛、人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんが宗介を演じ、ダブル主演を務めた。赤楚衛二さん、佐久間由衣さんらも出演した。

 小芝さんは「大好きな作品を大好きなみんなと作り上げられたこと。そしてそれを、皆さんにお届け出来たこと。とにかく今は、感謝しかありません」とコメント。「⁡見てくださった皆さん、この作品に携わってくださった皆さん、本当にありがとうございました!!」と締めくくった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る