松岡禎丞:「SAO」キリトは「肉親に近い」 新作劇場版に「感動の嵐」

劇場版アニメ「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」のIMAX版の完成披露上映会に登場した戸松遥さん(左)と松岡禎丞さん
1 / 1
劇場版アニメ「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」のIMAX版の完成披露上映会に登場した戸松遥さん(左)と松岡禎丞さん

 川原礫(れき)さんの人気ライトノベルが原作のアニメ「ソードアート・オンライン(SAO)」シリーズの新作劇場版「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」(河野亜矢子監督、10月30日公開)のIMAX版の完成披露上映会が9月15日、T・ジョイ PRINCE品川(東京都港区)で開催され、キリト役の松岡禎丞さんが登場した。松岡さんは2012年のテレビアニメ第1作から、約9年間にわたってキリトを演じ続けており「僕の声優人生の半分以上『SAO』と過ごしているので、キリトの存在が肉親に近いと言ったら言いすぎかもしれないですけど、1、2カ月演じる機会が空いたとしても『どうだったかな?』と考えたことはないですね」と語った。

 新作劇場版は、アインクラッド攻略を第一層から描いたリブート・シリーズが原作。ヒロインのアスナの視点でテレビアニメ第1期のアインクラッド編が描かれる。松岡さんは「約9年前のアニメを今の技術で作り直すとこうなるのかと思うと感動の嵐」と話し、「キリトの裏でアスナが何をやっていたのか、第1期のときに知りたかったことが凝縮されているので、あなたの知らないソードアートの世界がそこにある」とアピールした。

 イベントには、アスナ役の戸松遥さんも登場。主題歌を担当するLiSAさんのビデオメッセージも紹介された。

 「SAO」は、脳と仮想空間を直結する機器によってバーチャルリアリティーが実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件を描いている。新作劇場版は、「ソードアート・オンライン プログレッシブ」が原作。アインクラッド攻略を第一層から描いたリブート・シリーズで、キリトが黒の剣士となったエピソードやアインクラッド編では語られなかったエピソードが描かれる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る