山田裕貴:「燃えよ剣」で冷静、冷酷な徳川慶喜に 「こんな将軍がいたら嫌だなぁ」を体現

映画「燃えよ剣」で徳川慶喜を演じる山田裕貴さん(C)2021「燃えよ剣」製作委員会
1 / 1
映画「燃えよ剣」で徳川慶喜を演じる山田裕貴さん(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

 司馬遼太郎のベストセラー小説を、人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で実写映画化する「燃えよ剣」(原田眞人監督)が、10月15日に公開される。幕末のわずか6年だけ存在した「新選組」を描く本作で、15代将軍・徳川慶喜を演じたのは山田裕貴さんだ。これまでシリアスからコメディー、ラブストーリーにアクションまで幅広い作品で存在感を発揮してきた山田さんだが、「燃えよ剣」では新たな一面を披露している。

 山田さんが演じた慶喜は、新選組誕生に関わる会津藩藩主・松平容保(尾上右近さん)を京都守護職に任じたほか、大政奉還を行ったことでも知られる人物。「今までにない徳川慶喜にしたい」という原田監督の期待に応え、どんな状況でも顔色ひとつ変えずひたすら冷静に冷酷に対処する、独特な慶喜を“怪演”した。原田監督も「僕の考える徳川慶喜というのは天才的な身勝手な人で(笑い)、開国派であってもすべての空間を閉ざすような、どんどん閉めていってしまう人物。そんなキャラクターを彼は面白がって演じてくれました」と山田さんの演技を絶賛する。

 キャラクターを定めていく上で、撮影現場での原田監督の意見交換が重要だったといい、山田さんは「僕が勝手に動いていたりすると、『それを取り入れてみよう』と現場で積み重ねていく中でアイデアを出していただいたり、僕も出したり。時代劇ということで、あまり経験がないので緊張はあったんですが、良い緊張感のまま終われたかなと思います」と振り返る。

 さらに「こんな将軍がいたら嫌だなぁというのを思いっきりやろうと思っていた」といい、「現代にも置き換えられると思うんですよ、こんな上司がいたら絶対についていきたくないな、と思うような。そんなキャラクターになればいいなと思っていたので、それがうまく出ていれば」と役作りについて明かしている。

 映画は、“史上最強”の剣客集団「新選組」と副長・土方歳三の姿を描く歴史スペクタクル。土方を岡田さん、近藤勇を鈴木亮平さん、沖田総司を山田さん、芹沢鴨を伊藤英明さんがそれぞれ演じる。

映画 最新記事