住田萌乃:Foorin卒業後初の連ドラ出演で女子高生に “先輩”柳楽優弥に「学ばせていただきたいです」

連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」に出演する住田萌乃さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」に出演する住田萌乃さん=日本テレビ提供

 子供ユニット「Foorin(フーリン)」の住田萌乃さん(13)が、10月16日にスタートする柳楽優弥さん主演の連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(日本テレビ系、土曜午後10時)に女子高生役で出演することが9月16日、分かった。Foorinは9月27日をもって、メンバー全員がグループを卒業することが発表されており、住田さんは本作が卒業後初の連ドラ出演。「柳楽さんも井上(真央)さんも、そして加藤(シゲアキ)さんも、みなさん子供のころからお芝居のお仕事をされている方々です。とても楽しみで、たくさんたくさん学ばせていただきたいです」と意気込みを語っている。

 ドラマは、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の高瀬さんの同名マンガが原作。“最強・最悪のスーパー塾講師”黒木蔵人(柳楽さん)が、現代社会のさまざまな問題に切り込みながら、中学受験に挑む子どもたちを成功に導く姿を描く。黒木が校長を務める「桜花ゼミナール」の新任講師・佐倉麻衣役で井上さん、加藤さんは超名門中学受験塾のトップ講師・灰谷純役で人気グループ「NEWS」の加藤さんも出演する。

 住田さんが演じるのは、ドラマオリジナルのキャラクターで、偏差値65の名門「二葉女子学院」に通う高校1年生・大森紗良。黒木が校長を務める「桜花ゼミナール」の塾講師たちがよく通う「井の頭ボウル」のマスター・大森新平の一人娘で、バイトをしながら「井の頭ボウル」も手伝っている、という役どころだ。

 住田さんは「私が演じる『大森紗良』は、基本明るく元気な女の子なのですが、物語が進むにつれて、意外な過去や大人びた考えを話す場面も出てくるということなので、今からドキドキしています」とコメント。

 「Foorinの卒業が決まって最初のドラマ出演作品が『二月の勝者』ということで、とてもうれしく思っています。大好きなお芝居をさせていただけることに感謝して心新たに頑張ります!」と話している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る