Snow Man目黒蓮:「Tarzan」表紙で肉体美 「いつもの筋トレ」で汗ばむ肌、筋肉 岩本照から手ほどき

Snow Manの目黒蓮さんが表紙を飾る「Tarzan」819号(2021年9月22日発売) (C)マガジンハウス
1 / 1
Snow Manの目黒蓮さんが表紙を飾る「Tarzan」819号(2021年9月22日発売) (C)マガジンハウス

 人気グループ「Snow Man」の目黒蓮さんが、9月22日発売のフィットネス総合誌「Tarzan(ターザン)」(マガジンハウス)819号の表紙を飾る。目黒さんは、筋トレスペシャリストの資格を持つメンバー・岩本照さんの手ほどきを受けながら、自宅でのトレーニングに励んでいるといい、表紙では見事な肉体美を披露している。

 誌面では、目黒さんが「いつもの筋トレと同じような感じで」をコンセプトに、10種目のトレーニングに挑戦。汗ばむ肌や上腕二頭筋、腹斜筋などの筋肉をとらえたカットが全21枚掲載される。

 また、インタビューでは「いつでも動かせるカラダを持っておかないとダメだな、と。歌ったり踊ったり、いつでも軽快に動けるように。筋肉をつけるというより僕はそういうテンションで筋トレしてます」と話し、普段のトレーニングについて「今日は胸とか、今日は肩とか、自分の中でなんとなく部位を分けて動画を検索する」「1日に鍛える部位は2個くらい」とコメント。

 「一度やった部位は中2日間空けて、次の日はまた違う部位を2個くらい鍛えてという感じ。岩本くんから、同じことをやり続けると筋肉が慣れて筋肉痛も来なくなっちゃうから変化を与え続けた方がいいってことも教わりました。それを思い出しながら、筋肉痛が来なくなったら違う動画を探してやってます」と、こだわりを語る。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る