赤西仁:初の冠番組で米国俳優とタッグ 手作りで映し出す“アメリカライフ”「解放感のある画が撮れていると思います」

「JIN & JULES Powered by NO GOOD TV」のキービジュアル (C)JIN & JULES Powered by NO GOOD TV
1 / 1
「JIN & JULES Powered by NO GOOD TV」のキービジュアル (C)JIN & JULES Powered by NO GOOD TV

 アーティストの赤西仁さんと、米国で活躍する俳優のジュリアン・スィーヒさんの初の冠番組「JIN & JULES Powered by NO GOOD TV」が、動画配信サービス「Hulu(フールー)」で独占配信されることが9月22日、分かった。赤西さんとジュリアンさんの“アメリカライフ”を写し出す番組で、出演者2人とスタッフ1人の3人のみで企画から撮影までを担当。全20話で、10月14日から隔週で1話ずつ配信される。併せて、本作のティザー映像も公開された。

 赤西さんは昨年、錦戸亮さんと共にYouTubeチャンネル「NO GOOD TV」を開設。今回の「JIN & JULES」に、「NO GOOD TV」の出演者が登場する可能性もあるという。

 また、9月30日には赤西さんとジュリアンさんの生配信トークイベントを開催。「Hulu」「NO GOOD TV」で配信される。

 コメントは以下の通り。

 ◇赤西仁さん

 コロナ禍でいろんな制限がある中、キャストである僕とJulian、ディレクターのShumpei……たった3人で何ができるかを模索するところから始まった今回の企画。初冠番組としてHuluで独占配信されることが決まったときは、「マジかよ」と思いました(笑い)。

 この番組は僕らのリアルなライフを切り取った「シュールリアリティーショー」。僕とJulianが照明を作ったり……と、本当に3人だけで一生懸命、手作りしています。とにかく今の制限の多い、日本のエンタメ作品の中で、いろんな意味で開放感のある、画(え)が撮れていると思います。何がどう「シュールリアリティショー」なのか、配信を通して視聴者の皆さんと一緒に答え合わせをしていきたいです。

 ◇ジュリアン・スィーヒさん

 今回は3人で番組を作るので、ロサンゼルスで24時間ずっと一緒に過ごしながら、即興でシーンを作ったり、台本を書いたり、映像を編集したり……。3人でいろんな発見をし、それをシェアしながらブラッシュアップする日々が続いています。

 仁も僕もいろいろな作品に出演してきましたが、今まで経験してきたことのない状況で、楽しく撮影させてもらっています。許される限り、余すことなくお届けできたらと思っております。ぜひ楽しんで視聴いただけたらと思います。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る