推しの王子様:最終回 “泉美”比嘉愛未が実家へ “航”渡邊圭祐は仕事に奮闘

連続ドラマ「推しの王子様」最終回のワンシーン (C)フジテレビ
1 / 11
連続ドラマ「推しの王子様」最終回のワンシーン (C)フジテレビ

 女優の比嘉愛未さん主演の連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)最終第11話「最終回! 本当に大切な好きという気持ち」が9月23日午後10時20分から放送される。

 「ペガサス・インク」社長の日高泉美(比嘉さん)は、新たな乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)のプレゼンで失態を演じた上、乙女ゲームへの情熱も失ってしまい退社。交際中の光井倫久(ディーン・フジオカさん)にも別れを告げ、自宅も引き払って姿を消した。

 10日後、「ランタン・ホールディングス」の小島博之(竹森千人さん)がペガサス・インクの新社長に就任。ゲーム制作のプロジェクト・チーム刷新に乗り出す。

 光井は泉美と別れたことを五十嵐航(渡邊圭祐さん)に告げる。泉美を支えられず、スタッフをまとめることもできず、ふがいないと自分を責める。航は光井に「そんな言葉は似合わない」と言い、会社のことはできる限り努力すると告げる。同じ頃、泉美は実家で自分を見失っていた。そこへ光井が現れて……。

 ドラマは、比嘉さん演じる、乙女ゲームを手掛ける泉美が、渡邊さん演じる“残念過ぎる王子様”航を理想の男性に育てるため奮闘する姿を描く“ロマンチックコメディー”。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る