杉咲花:連食テレビエッセーで“発酵料理”に舌鼓 語りは“元夫”成田凌

9月23日放送の連食テレビエッセー「きみと食べたい-岩手県・遠野編-」の一場面(C)NHK
1 / 12
9月23日放送の連食テレビエッセー「きみと食べたい-岩手県・遠野編-」の一場面(C)NHK

 女優の杉咲花さんが、9月23日午後10時半から放送されるNHKの連食テレビエッセー「きみと食べたい-岩手県・遠野編-」(Eテレ)に出演。フードエッセイストの平野紗季子さんと岩手・遠野市のレストランを訪ね、発酵のスペシャリストが手がけた料理を堪能する。

 杉咲さんと平野さんは、自家製の納豆を使った料理や、試行錯誤の末に生み出された「豚肉のなれずし」などを味わう。杉咲さんは「まっすぐ真摯(しんし)に向き合う気持ちは、誰かと関わるときも、何かを育てるときも、食べるときも、いつだって大切なことなんだと改めて気付かされた時間でした」と、撮影を振り返っている。

 番組では俳優の成田凌さんが語りを担当。杉咲さんと成田さんは、5月まで放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」で共演し、杉咲さんはヒロイン・千代、成田さん千代の元夫・一平を演じた。

写真を見る全 12 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る