准教授・高槻彰良の推察:最終回 “尚哉”神宮寺勇太、“青い提灯の祭り”に行く覚悟を決めるが…?

人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんが主演を務める「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」最終回のワンシーン=東海テレビ提供
1 / 5
人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんが主演を務める「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」最終回のワンシーン=東海テレビ提供

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん主演の東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ「准教授・高槻彰良の推察 Season1」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)最終第8話が9月25日に放送される。

 人のうそが分かる呪いをかけられた祭りから8年、尚哉(神宮寺勇太さん)は、高槻(伊野尾さん)と共に再び“青い提灯の祭”へ行く覚悟を決める。佐々倉(吉沢悠さん)の運転で行った村。亡き祖父母の住んでいた辺りの女性(ふせえりさん)や謎の老人(モロ師岡さん)によると祭は無くなったというが、2人の言葉はうそだと分かった。

 佐々倉古書店で「のろいの盆踊り」「青い提灯」などと書かれた本を手にした瑠衣子(岡田結実さん)。高槻の身を心配して知り合いの神主(ベンガルさん)に聞くと「呪いの言葉が死者を呼び起こす」という不吉な話をされ……。

 原作は澤村御影さんのミステリー小説「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(角川文庫)。見たものを全て一瞬で覚えられる完全記憶能力を持つ民俗学准教授・高槻と、怪異現象を経験したことでうそが分かる能力を手にした大学生・尚哉の凸凹バディーが、「コックリさん」「神隠し」などの怪異事件の謎に挑む。全8話のシーズン1が東海テレビ・フジテレビ系で放送。シーズン2は10月からWOWOWプライムとWOWOWオンデマンドで放送、配信される。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る