宮本茉由:「ドクターX」で初の研修医役&白衣姿 米倉涼子と3年ぶり再共演「感激しました」 

連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演する宮本茉由さん=テレビ朝日提供
1 / 2
連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演する宮本茉由さん=テレビ朝日提供

 女優の宮本茉由さんが、米倉涼子さん主演で10月14日スタートの連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズに出演することが9月27日、分かった。宮本さんが演じるのは、外科に籍を置く冷静で器用な研修医の虻川リサ。「私は研修医を演じるのも、白衣を着るのも初めて。白衣を着ると『キッチリしなきゃ!』と、さらに気持ちが引き締まります」と話している。

 宮本さんは「ドクターX」シリーズ初参加で、「出演が決まったときは、すごく緊張しました。『長く続く人気シリーズを作られてきた皆さんについて行けるよう、頑張らなきゃいけないな!』と、身が引き締まる思いで日々撮影に参加させていただいています」とコメント。

 また、米倉さんとは2018年に同枠で放送された「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」以来、約3年ぶりの再共演となり、「今回の現場に入ったら、米倉さんの方から『久しぶり!』と声をかけてくださって……! 感激しました」と裏話を明かした。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。2年ぶりの新作となる第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大学病院」に舞い戻った未知子の前に、“新たな敵”内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らが立ちはだかる……という展開。初回は10月14日午後9時~同10時9分に放送。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る