福原遥:主演ドラマ主題歌でOKAMOTO’Sとコラボ 生演奏でレコーディング「すごくぜいたくな時間」

連続ドラマ「アンラッキーガール!」の主題歌を担当する福原遥さん(中央)とOKAMOTO’S=読売テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「アンラッキーガール!」の主題歌を担当する福原遥さん(中央)とOKAMOTO’S=読売テレビ提供

 女優の福原遥さんが4人組バンド「OKAMOTO’S」とコラボし、10月7日スタートの主演ドラマ「アンラッキーガール!」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の主題歌を担当することが9月27日、分かった。楽曲のタイトルは「Lucky Days feat. OKAMOTO’S」で、福原さんは「前向きな歌詞に、落ち着いた曲調のバランスが聞いていてとても心地よく、聞き終わったあと自然と前向きな気持ちになっているすてきな曲です! 皆さんに寄り添えるような、そっと背中を押せるような主題歌になっていたらうれしいです!」と話している。

 レコーディングでは、福原さんがバンドメンバーの生演奏で歌唱。福原さんは「めちゃめちゃ緊張しました」と明かしつつ、「でもやっぱり生で(歌声や演奏を)こんなに聞けることもなかったので、すごくぜいたくな時間だなと思いました」「皆さんがとっても優しく温かく迎え入れてくださり、楽しくレコーディングをさせていただきました!」と振り返った。

 また、OKAMOTO’Sのボーカル・オカモトショウさんは「今回、曲をドラマと福原さんのために書き下ろさせてもらいました」とコメント。楽曲は福原さんの音域を想像しながら制作したといい、レコーディングで福原さんの歌声を聞き、「うまくハマってよかったな」と自信をのぞかせた。主題歌は10月15日から各音楽配信サイトでデジタルリリースされる。

 ドラマは、とにかくツイてなさすぎる“世界一不運”な3人の女性たちが、次々とトラブルに巻き込まれながらも、幸せをつかもうと奮闘する姿を描くコメディー。福原さんが金運を筆頭にあらゆる運がゼロの25歳・福良幸、若月佑美さんが男運と対人運がゼロの31歳・朝倉香、高梨臨さんが仕事運ゼロで無職の35歳・綾波樹を演じる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る