庵野秀明監督:「シン・仮面ライダー」 仮面ライダーファンに「面白いと思ってもらえる作品に」

「『シン・仮面ライダー対庵野秀明展』合同会見」に登場した(左から)庵野秀明監督、池松壮亮さん、浜辺美波さん、
1 / 1
「『シン・仮面ライダー対庵野秀明展』合同会見」に登場した(左から)庵野秀明監督、池松壮亮さん、浜辺美波さん、

 人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズ、映画「シン・ゴジラ」などの庵野秀明さんが、監督、脚本を務める特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの新作「シン・仮面ライダー」(2023年3月公開)と、庵野監督の展覧会「庵野秀明展」の合同会見「『シン・仮面ライダー対庵野秀明展』合同記者会見」が9月30日、国立新美術館(東京都港区)で行われ、庵野監督が「シン・仮面ライダー」への意気込みを語った。

 庵野監督は、「僕が見たいものではなくて、観客の皆さんが面白いと思ってくれる、『これはいい』と思ってもらえる作品にしていきたいと思います」とコメント。庵野監督は、第1作「仮面ライダー」をリアルタイムで見ていたといい、「当時好きだった人や、平成から仮面ライダーを見た人、令和から見た人、いろいろな仮面ライダーを好きな人がものすごくいっぱいいる。そういう人たちに可能な限り、面白いと思ってもらえる作品にしたい。僕だけが楽しいものにはしたくない」と思いを語った。

 「シン・仮面ライダー」は、「仮面ライダー」シリーズの生誕50周年企画として製作。1971年4月~1973年2月に放送されたシリーズ第1作「仮面ライダー」をベースにしたオリジナル作品になるという。庵野さんが実写映画の監督を務めるのは、総監督を務めた「シン・ゴジラ」(2016年)以来となる。会見では、俳優の池松壮亮さんが仮面ライダーに変身する主人公・本郷猛を演じ、女優の浜辺美波さんが、ヒロイン・緑川ルリ子を演じることも発表された。

 「庵野秀明展」は、「庵野秀明をつくったもの 庵野秀明がつくったもの そして、これからつくるもの」をテーマに庵野さんがアニメーター時代に参加した過去作、監督、プロデューサーとして活躍する最新の仕事までを網羅し、創作活動の秘密に迫る。原点となったアニメ、特撮の原画やミニチュアなどをはじめ、アマチュア時代から現在までの直筆の膨大なメモやイラスト、脚本、設定、イメージスケッチ、コンテ、レイアウトなどを展示する。国立新美術館で10月1日~12月19日開催。開館時間は午前10時~午後6時。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る