ヴァイオレット・エヴァーガーデン:東野幸治が魅力語る “神回”第10話に「涙が止まらなかった」 金曜ロードショーで2週連続放送

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン特別編集版」のビジュアル(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
1 / 3
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン特別編集版」のビジュアル(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

 京都アニメーションが手がけるアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が、日本テレビの映画枠「金曜ロードショー」で10月29日、11月5日に2週連続で放送されることを受けて、お笑い芸人の東野幸治さんがコメントを寄せた。東野さんはお笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気さんに薦められたのをきっかけに同作に「どハマりした」といい、ファンの間で神回とも言われたテレビアニメ第10話を好きなエピソードとして挙げ、「僕の頬に涙が止まらなかったです。『ああ、また東野ウソついて!』とお思いでしょう? 見てください! 見てるあなたは号泣で画面が見えないのかもわかりません」と話している。

 東野さんは、同作について「絵がきれいというのはもちろん、ストーリーもとても素晴らしいんです。主人公のヴァイオレットちゃんは、戦争の道具として育てられ戦場で活躍するんですが、『愛することを知らない』という設定から始まっています。両腕を失い義手になったヴァイオレットちゃんが戦争後に始めた仕事が、依頼主のために手紙を書いて相手に送り届けるという代筆業でした」と説明。

 ヴァイオレットが依頼主の思いを手紙にしていくうちに「だんだんと『愛とは何か』ということが分かってくるんです。そして、愛というものが分かったからこそ、戦争でたくさんの人の命を奪ってしまった自分に落ち込むこともあり、そしてそこから立ち直り、一歩一歩歩んでいくという姿がけなげでとてもいいんです!」と魅力を語っている。

 第10話については「(好きなシーンは)たくさんあるんですけれど、やはり『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を好きな方は全員が言うと思います。第10話! この第10話がとても素晴らしくて……。幼い子を持つある女性がヴァイオレットちゃんに手紙の代筆を 依頼する。その女性は何のために手紙の代筆の依頼をしたのか、後半で全てが分かるのですが……僕の頬に涙が止まらなかったです」とコメント。

 東野さんは、2020年に公開された新作劇場版アニメ「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」についても、「もちろんそれも見に行きました。なんだったら『行列』(『行列ができる法律相談所』)の番組の収録を自分で勝手に巻いて、映画館走って行きましたから! その時のゲストの方、申し訳ございません。なぜなら、ヴァイオレットちゃんが映画館で僕を待ってたから」とエピソードを明かし、「今回多くの人たちにこの作品に触れてもらえたらうれしいです」とメッセージを送った。

 金曜ロードショーでは、10月29日午後9時に石立太一監督の監修で「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のテレビシリーズを新たに再構成した「特別編集版」が放送され、11月5日午後9時に2019年に劇場公開された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」が本編ノーカットで放送される。「特別編集版」「外伝」は、ともに地上波初放送となる。

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、「第5回京都アニメーション大賞」の大賞を受賞した暁佳奈さん作、高瀬亜貴子さんイラストのライトノベルが原作。かつて軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンが、依頼者の思いをくみ取って言葉にする自動手記人形となり、さまざまな依頼者のさまざまな感情に触れ、人の心を理解していく……というストーリー。テレビアニメが2018年1~4月に放送された。新作劇場版アニメ「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が2020年に公開され、興行収入が約21億3000万円を記録するなどヒットしたことも話題になった。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る