浜辺美波:“縦型”映画出演の感想明かす「独特なところがあった」 北村匠海の“擬力態能”に感嘆も

映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」のグランプリ作品発表会に登場した浜辺美波さん
1 / 10
映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」のグランプリ作品発表会に登場した浜辺美波さん

 女優の浜辺美波さんが10月4日、東京都内で行われた、動画アプリ「TikTok(ティックトック)」と東宝の映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」のグランプリ作品発表会に登場。同映画祭で初代グランプリを受賞した吉川啓太さんの初監督作品となる縦型映画「夏、ふたり」に出演した浜辺さんは、「縦型での躍動感とか表現の仕方とか、カメラの動きが独特なところがあった」と撮影の感想を吐露。「現場では映像がどうなっているか、モニターをあまり見ていなかったので、完成したものを見て『こういうふうになっていたんだ』と……」と振り返り、「とても面白いなと思いました」と笑顔で語った。

 発表会は第1部と第2部の二部構成で行われ、浜辺さんは第1部に出席。同映画祭の公式アンバサダーを務めた北村匠海さん、「夏、ふたり」に出演した井上音生さん、吉川さんも出席した。

 浜辺さんは、井上さん演じる“みづき”と半地下で暮らしている“ひかり”を演じ、「(撮影では)ささいな輝きに気づけた。咲いているお花だったり、風の匂いだったり、空の青さだったり、日ごろ暮らしているときよりも輝きを感じて、新鮮な視点で世界を見ることができました」と充実感をにじませた。また、「映画はお客さんに見てもらって完成するもの。『TikTok』というものを通すことで、たくさんの方のもとにすぐに気軽に手軽に届くというのは、作品を作る側にとってはありがたいものだと思っています」と喜びを明かしていた。

 撮影には北村さんがスチールカメラマンとして参加しており、浜辺さんは「撮影現場に匠海くんがくるって聞いて、『緊張するな』とか『ちょっと恥ずかしいな』とか、ちょっと嫌だったんですよ、本当は」と率直な思いも吐露。ただ、「でも実際に現場で見ると、現場の空気感を身にまとって、どこにいるのか分からないぐらい空気みたいになっていて。擬態する能力とか、なじませる能力とか、さすがだなーって思いました」と感嘆すると、北村さんは「忍者の末裔なんで」とジョークで返し、「監督と(浜辺さん、井上さんの)2人が中心にいるべきだし、そこは絶対に邪魔したくないなと思ったので。とにかく真っ黒の服装して。忍んでいました」と説明していた。

 「TikTok TOHO Film Festival」は、TikTokと東宝がタッグを組んで、新たなクリエーターを発見し、サポートする新たな映画祭。今年4~6月に15秒~10分以内の縦型映画を募集。5000作以上の応募の中から、吉川さんの作品「トラベルノート」がグランプリを受賞した。吉川さんには浜辺さん出演の新作映画の制作権利などが贈られていた。映画は10月4日の午後4時から「TikTok」で配信されている。

写真を見る全 10 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る