田中圭:中谷美紀「とても空気の読める方」 映画「総理の夫」で夫婦役 雰囲気作りを賞賛

映画「総理の夫」(河合勇人監督)の東京・パリ2都市生中継舞台あいさつに登場した
1 / 17
映画「総理の夫」(河合勇人監督)の東京・パリ2都市生中継舞台あいさつに登場した

 俳優の田中圭さんと女優の中谷美紀さんが10月4日、東京都内で行われた映画「総理の夫」(河合勇人監督)の東京・パリ2都市生中継舞台あいさつに登場。お互いの印象などについて語り、会場を盛り上げた。

 中谷さんは田中さんの印象について、「とても空気の読める方。コメディーパートもとってもお上手。間合いとか表情とかリアクションとか。でも、この作品ってただコメディーなだけじゃなくって、夫婦の愛や、国民と自分の子供の命を天秤にかけるようなシーンがある。そんなときに、そういう雰囲気を自然と作ってくださる。私自身が、努力しなくても、自然と(演じた)凛子の気持ちになれて、自然と涙があふれてくることがあった。とっても楽だった。共演者に恵まれるのはありがたいこと」と語り、手放しで賞賛した。

 一方、田中さんは中谷さんについて「意外とおちゃめ」とコメント。「ピシッ! とされていて、気品高いイメージがある」と言うと中谷さんは「バカにしてます?」と口撃。「何て喋りかけようかな、とか色々不安だったけど、意外とおとぼけさんなことを言ったりする。だからすごくかわいらしいなと。ギャップが新発見でした」と答えた。

 映画は、山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞を受賞したことでも知られる原田マハさんのベストセラー小説「総理の夫 First Gentleman」が原作。近未来の日本が舞台で、史上初の女性総理となった妻・相馬凛子(中谷さん)と、史上初のファーストジェントルマンとして担ぎ上げられてしまう“鳥類オタク”の夫・相馬日和(田中さん)が、激動の日々に巻き込まれていく姿を描く。

 イベントには、パリ在住の原作者・原田さんが生中継で出演。田中さん演じる日和について「すごい素敵でした。田中さんの優しいところやお茶目なところ、アワアワしているところ、『え? え? え!?』というワードが何回も出てきて、巻き込まれてしまうところが、私の思い描いていた日和の姿に近い」と褒め称えた。

写真を見る全 17 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画