言霊荘:西野七瀬主演のホラードラマ 三吉彩花の“衝撃ラスト”に視聴者「第1話から怖すぎだろっ!」

連続ドラマ「言霊荘」第1話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 2
連続ドラマ「言霊荘」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の西野七瀬さん主演の連続ドラマ「言霊荘(ことだまそう)」(テレビ朝日系、土曜午後11時)の第1話が10月9日に放送された。同話の最後で、主人公の歌川言葉(ことは、西野さん)の友人・阿木紗香(三吉彩花さん)に訪れた“衝撃の展開”に、「第1話から怖すぎだろっ!」「初回から衝撃の展開」「怖すぎてチャンネル変えちゃった」などと視聴者から“悲鳴”が続々と上がった。

 ドラマは、テレビ朝日とABEMA共同制作。女性限定アパート「レディスコート葉鳥」を舞台に、発した言葉が現実になる怪奇現象に住人女性たちが次々とさいなまれていく……というホラードラマ。西野さんと三吉さんのほか、レディスコート葉鳥の住人役で、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんと、話題の若手女優が集結した。

 第1話では、底辺「ViewTuber」の“コトハ”こと言葉が、レディスコート葉鳥への引っ越し早々に謎の怪奇現象に巻き込まれた。コトハが、友人の紗香らに手伝ってもらいながらの引っ越し作業を終えて盛り上がっていると、作詞家の紗香が手掛けた、男性歌手の曲がヒットチャート入りしたと配信番組から流れてくる。

 コトハは自分のことのように喜ぶが、当の紗香は複雑な表情。聞くと、その歌手とは男女間の仲たがいがあったようで、紗香は自分の詞が世に出ることがうれしい半面、悔しさも漏らす。そして紗香がふと「知らない世界に消えてほしい」とつぶやくと、直後、番組で歌っていた歌手が突然苦しみ出し、紗香の言葉通りに謎の死を遂げてしまう。

 その後、紗香は次々と怪奇現象に見舞われていく。コトハは、そんな友人をなんとか助けようと、“自称”霊能者の中目零至(れいし、永山絢斗さん)も含めた3人で「除霊の儀式」を行うが……と展開した。

 紗香の結末に、SNSでは「第1話からラストであんな展開になるとは……」「始めから結構スリルがあった」「もしや毎回こんな感じ?」などの声が上がっていた。

 ドラマは地上波放送終了後からABEMAで無料独占配信。ABEMAプレミアムでは、本編とは別視点で描かれるオリジナルストーリー「ある視点 ‐もう一つの言霊荘‐」も独占配信されている。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る