二月の勝者-絶対合格の教室-:柳楽優弥が過激な考えのスーパー塾講師役 「中学受験は課金ゲーム」 名門から中堅塾へ移籍

連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」で黒木蔵人を演じる柳楽優弥さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」で黒木蔵人を演じる柳楽優弥さん=日本テレビ提供

 俳優の柳楽優弥さん主演の連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(日本テレビ系、土曜午後10時)が、10月16日にスタートする。本作は、高瀬志帆さんの同名マンガ(小学館)が原作で、「中学受験は課金ゲーム」「子供を合格に導くのは父親の経済力と母親の狂気」といった過激な考えを持つスーパー塾講師の主人公が、中学受験に挑む子供たちを導く姿を描く。柳楽さん演じる黒木蔵人を紹介する。

 ◇中堅塾の新校長に 受験塾はサービス業!?

 黒木は、業界最大手の名門中学受験塾「ルトワック」から、業績不振の中堅塾「桜花ゼミナール」に校長として迎えられた講師。受験塾はサービス業、子供の将来を売る場所などと言い波紋を呼ぶが、その鋭い洞察力と行動力で個々の生徒の本質を見抜き、親たちの不安を解決に導いていく。

 ◇初回ストーリー

 新学期を迎えた桜花ゼミナール吉祥寺校に、黒木が新校長としてやって来る。入塾説明会に集まった親たちに、黒木は「合格に必要なのは父親の経済力と母親の狂気」と受験の厳しさを突き付ける。残酷な現実に多くの親がショックを受ける中、黒木は全員の第一志望合格を約束すると断言。見事な演説で、説明会の参加者全員を入塾希望者に変えてみせた。

 研修生だった佐倉は正式に桜花の塾講師となる。講師たちにも容赦ない言動ばかりの黒木に振り回されつつ、佐倉の塾講師としての日々が始まり……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る