ドクターX:“蜂須賀”に「感染症心配性バカ!」 “蛭間”に「出世バカ!」 西田・野村の応酬に沸く視聴者「めっちゃ根に持ってる」

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第2話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第2話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズの第2話が10月21日に放送された。同話では、外科分院長・蛭間重勝(西田敏行さん)と、対立する“因縁の敵”内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)との舌戦が白熱する展開になった。蜂須賀に「感染症心配性バカ」と“口撃”するが、蜂須賀に「出世バカ」と言われ、うろたえる蛭間……。SNSでは視聴者が「出世バカ言われちゃった~」「(蜂須賀)めっちゃ根に持ってる」「蛭間先生とバチバチなの面白い」と盛り上がった。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって新局面を迎えた「東帝大学病院」を舞台に、未知子が、院内勢力を伸ばす“最強の敵”の内科部長・蜂須賀らとの新たな戦いに身を投じていく。

 同話では、蛭間や蜂須賀にとってなじみの銀座のクラブママ・二木麻也子(夏川結衣さん)を通して、2人の確執が明らかに。蜂須賀は、外科に在籍していた時代に蛭間の鞄持ちをしており、煮え湯を飲まされていたことが分かった。

 SNSでは、2人の対立に「蜂須賀的には蛭間に復讐できれば内科とか外科とか関係ないんだろうな」「蛭間さんに出世バカと言える蜂須賀さんがすばらしいw」などの声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る