おかえりモネ:りょーちん、未知に進学勧めてた!「良い関係なんだね」 “焦るなよ”に「今日も優しかった」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第118回の一場面 (C)NHK
1 / 3
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第118回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第118回が10月27日に放送され、亮(永瀬廉さん)が未知(蒔田彩珠さん)に大学進学を勧めていたことが分かった。

 第118回では、亮と百音(清原さん)が漁協でばったり会う。亮は、「(未知に)大学行きなよって言ってんだけどね」と百音に打ち明ける。大学の応募の締め切りも近いことから、百音は「もう一度話してみる」と亮に伝える……という展開だった。

 進学を勧める亮に対して、SNSでは「みーちゃんがりょーちんに大学のこと話してて、りょーちんも背中を押してくれてるのが分かってよかった」「りょーちん、大学へ行きなよって言ってくれてるのね。それは皆思うわな…」「りょーちんにもちゃんと大学進学のこと相談してたん安心した」「『大学行きなよ』って言ってあげてるんだ。良い関係なんだね」といったコメントが並んだ。

 亮は百音との別れ際、「モネもさ、あんま焦んなよ。とらわれてきたのは、俺やみーちゃんだけじゃないんじゃないの?」と気にかけており、「モネに焦んなよと声をかけるりょーちんの眼差しと声が優しい」「今日もりょーちんは優しかった」「りょーちん優しいし、よく見てるね」といった声も上がった。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る