ドクターX:広報室長の“蝶子”杉田かおるが倒れる! 未知子は「死ぬかもしれない」と忠告も

連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズの第3話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズの第3話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズの第3話が、10月28日午後9時から放送される。

 「東帝大学病院」の広報室長・三国蝶子(杉田かおるさん)と、厚生労働事務次官・神部八尋(宮川一朗太さん)がそろって高級レストランから出てきたところを、写真週刊誌が「科研費をめぐる接待疑惑」と報道する。会食は、内科主導の新治療体制を確立しようとする内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)が、科研費の増額に便宜を図ってもらうためにセッティングしたもので、蜂須賀はすぐさま蝶子を呼びつけ、事が大きくなる前に迅速かつ美しく収拾するよう命じる。

 その矢先、院内で記者に囲まれた蝶子が突然倒れる。偶然通りかかった大門未知子(米倉さん)は、蝶子を処置室に運ぼうとするが、内科副部長・鍬形忠(小籔千豊さん)は「治療は内科であたる」と宣言。未知子は蝶子を引き渡すが、その瞬間に蝶子の表情が変わるのを目撃する。

 検査の結果、蝶子はストレス心筋症とも呼ばれる「たこつぼ心筋症」を患っていることが判明。蜂須賀からの絶え間ないプレッシャーが原因だと考えた鍬形は、蝶子にしばらく休めば大丈夫だと話すが、未知子はキッパリとした口調で「ナメない方がいいよ。死ぬかもしれない」と忠告する。しかし、蝶子は蜂須賀から与えられたミッションを遂行するため、すぐに仕事復帰しようとする。そんな蝶子のもとに、神部の妻・久美子(川上麻衣子さん)が、夫と蝶子が不倫しているのではないと疑い、病室に怒鳴り込んでくる……。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・未知子を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。2年ぶりの新作となる第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大学病院」に舞い戻った未知子の前に、“新たな敵”内科部長の蜂須賀らが立ちはだかる。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る