婚姻届に判を捺しただけですが:“牧原”高杉真宙が「可愛い」と話題に 「笑顔の破壊力」「色気が増してる」の声も

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 3
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が、10月26日に放送された。動物病院の看護師・牧原唯斗を演じる高杉真宙さんについて、視聴者からは「高杉くんが可愛い」「ちょっとチャラい?真宙くんの笑顔の破壊力よ」などの反響が上がった。

 第2話では、仕事の百瀬(坂口さん)に代わって、百瀬の兄の店「モモズ弁当」を手伝いに行くことになった明葉(清野さん)。義兄嫁の美晴(倉科カナさん)とも仲良くなり、浮かれ気分だったが、合い挽き肉を大量に発注してしまうという失敗をしてしまい、百瀬から「もうこれ以上、僕の家族に迷惑をかけないで下さい。あなたを選んだ僕がバカでした」と言われてしまうのだった。

 そんな中、猫の“おもち”を動物病院へ連れて行った明葉。看護師・牧原から「(夫と)ケンカでもしたの?」と聞かれると、明葉は「ケンカっていうか。私も悪いけど、存在全否定」と愚痴る。そんな明葉に、牧原は「なら、やめちゃえば? 離婚すればいいじゃん」と声をかける展開だった。

 SNSでは、「高杉くん爽やかね~」「高杉くんチャラ男みたいな感じも似合ってる」「高杉真宙の色気が増してる」「ものすんごいハンサム&色気に磨きがかかってる」「滲み出る色気。思わずドキッとしてしまった」といったコメントが並ぶなど、注目を集めていた。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る