流行感冒:本木雅弘主演NHKドラマ地上波初放送 100年前のスペイン風邪流行「共鳴するであろうテーマ」

11月6日に地上波初放送されるNHK特集ドラマ「流行感冒」のワンシーン (C)NHK
1 / 2
11月6日に地上波初放送されるNHK特集ドラマ「流行感冒」のワンシーン (C)NHK

 俳優の本木雅弘さんが主演を務めるNHKの特集ドラマ「流行感冒」が、11月6日午後4時45分からNHK総合で地上波初放送されることが分かった。本木さんは「今回、地上波にて放送していただけるとのこと、大変ありがたく思います。このドラマは100年前の現実に、スペイン風邪が流行した時代を描いています。感染の危機にさらされ、目に見えぬ恐怖に心を乱し、人間同士の信頼が揺らいでいく、数年前から、今現在までも、世界中の方々が経験した、そして共鳴するであろうテーマです」とコメントしている。

 ドラマは、約100年前のスペイン風邪をテーマにした志賀直哉の同名小説が原作で、本木さんが主人公の小説家「私」を演じ、妻の春子役で女優の安藤サクラさんも出演。舞台は大正7(1918)年、秋。スペイン風邪がはやる中、理性を失いむやみに人間不信に陥った主人公が、人への信頼を取り戻し日常に帰るまでの“心理的なあや”を、軽妙かつ鋭い観察眼で見つめた物語で、今年3月にBS4K、4月にBSプレミアムで放送された。

 また同作は、今年の「東京ドラマアウォード」で単発ドラマ部門で優秀賞を受賞した。

 本木さんは、「『東京ドラマアウォード』優秀賞の受賞、大変うれしく思います。自分としても、出口の見えなかったコロナ禍の中で、唯一出演した作品でした。100年前にも起きていたパンデミックをなぞり、スタッフ共々、まさに命をさらしながらの撮影は臨場感と緊張感の連続でしたが、灯台の下を照らすような、ささやかな発見のある物語は、結果、自身にも大きな癒やしを与えてくれました。共演の方々の自然な佇まいや、ミニマルな劇音楽も素晴らしく、普段は手厳しい身内関係者や家族も評価してくれたことが、更なる救いと悦(よろこ)びになりました。この機会に、ぜひ多くの方にご覧いただければと思います」と思いを語った。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る