おかえりモネ:りょーちん「おかえり、モネ」タイトル回収の“トリ” 視聴者「涙ぽろっぽろ」 永瀬廉にねぎらいと称賛

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」最終回の一場面 (C)NHK
1 / 9
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」最終回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)最終回(第120回)が10月29日に放送された。“あの日”以来、サックスケースを開けた百音(清原さん)に、亮(永瀬廉さん)が「おかえり、モネ」と伝え、タイトルを“回収”。劇中で最後に「おかえり」を口にした亮に対して、SNSでは「大役素晴らしい」「タイトル回収がりょーちんって、もうそっから涙ぽろっぽろだよー」「りょーちんがタイトル回収するとは思わんかった」といった感想が並んだ。

 未知(蒔田彩珠さん)と亮から「おかえり」と声をかけられ、涙を流しながら「ただいま」と応える百音。幼なじみたちに見守られながら、久しぶりにサックスを吹く……という展開だった。

 タイトル回収の“トリ”を任された永瀬さんについて、「すごいの言葉じゃ足りないくらいすごい」「タイトル回収という大きな役割を廉くんが任されるなんて。最高にうれしい」「大役をまかされた廉くんを誇りに思うよ」「タイトル回収するってほんとすごい。永瀬廉の飛躍に言葉が出ない」「及川亮役が永瀬廉さんで本当によかった。おつかれさまでした」と称賛やねぎらいのコメントが書き込まれた。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る