LiSA:「SAO」は「家族のような存在」 劇場版「プログレッシブ」で「帰ってきた!」

「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」の初日舞台あいさつに登場した(左から)河野亜矢子監督、戸松遥さん、松岡禎丞さん、水瀬いのりさん、LiSAさん(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
1 / 1
「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」の初日舞台あいさつに登場した(左から)河野亜矢子監督、戸松遥さん、松岡禎丞さん、水瀬いのりさん、LiSAさん(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

 川原礫(れき)さんの人気ライトノベル「ソードアート・オンライン(SAO)」シリーズの「ソードアート・オンライン プログレッシブ」が原作の新作劇場版アニメ「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」(河野亜矢子監督)の初日舞台あいさつが10月30日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、歌手のLiSAさんが登場した。劇場版の主題歌「往け」を歌うLiSAさんは、テレビアニメ第1期のオープニングテーマ「crossing field」など数々の「SAO」の楽曲を歌ってきた。「SAO」への思いを「こんなに長く同じ作品と一緒に歩ませていただけることはそんなにありません。家族のような存在です」としみじみ語り、主題歌「往け」を担当し「帰ってきた!」と感じたことを明かした。

 劇場版について「アスナの成長を感じました。アスナはこういうことがあり、強くなった……と弱さも見た感覚でした」と話した。舞台あいさつには、アスナ役の戸松遥さん、キリト役の松岡禎丞さん、ミト役の水瀬いのりさん、河野監督も登壇した。

 「SAO」は、脳と仮想空間を直結する機器によってバーチャルリアリティーが実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件を描いている。原作のシリーズ累計発行部数は2600万部以上。新作劇場版は「ソードアート・オンライン プログレッシブ」が原作。アスナがゲーム「ソードアート・オンライン」に参加することになった経緯、強くなるまでの道のりが描かれる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る