Ado:「うっせぇわ」で話題の19歳歌手 「ドクターX」でドラマ初出演

Adoさんが声で出演する「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第5話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
Adoさんが声で出演する「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第5話の一場面=テレビ朝日提供

 「うっせぇわ」で話題の19歳の女性歌手のAdoさんが、主題歌を担当している女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズに出演することが分かった。11月11日放送の第5話に声のみの出演となるが、Adoさんにとって初のドラマ出演となる。第5話のどんなシーンに、どのような形で出演するのかは、オンエアで明らかとなる。

 Adoさんは「まさかさりげなく自分が地上波のドラマに出演する日が来るなんて……恐れ多いです……。ただ、音声なのでなんだか不思議な気持ちです」とコメント。収録は緊張もあったようで、「たった一言でも、イントネーションや言い回しがすごく難しくて、苦戦したところもありました」と振り返りつつ、「とても貴重な経験でした。本当にありがとうございました」と語った。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって新局面を迎えた「東帝大学病院」を舞台に、未知子が、内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)らとの新たな戦いに身を投じていく。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る