斎藤工:“妊婦”役で撮影中に誤解される 「不摂生の象徴みたい」

「Netflix Festival Japan 2021」に登場した斎藤工さん
1 / 11
「Netflix Festival Japan 2021」に登場した斎藤工さん

 俳優の斎藤工さんが11月10日、東京都内で開催されたNetflixのラインアップ発表イベント「Netflix Festival Japan 2021」に、女優の上野樹里さんらと登場した。ドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」で、妊娠した主人公・桧山健太郎を演じる斎藤さんは、おなかを大きくした“メーク”をしていたため、「自粛太りというか、街行く方が私のおなかを二度見していく方が多く、自堕落な象徴みたいな目で見ていたと思う」とロケ撮影中の出来事に苦笑い。「不摂生の象徴みたいな視線を浴びましたが、こうやって発表できて報われました」とちゃめっ気たっぷりに話していた。

 坂井恵理さんの同名マンガ「ヒヤマケンタロウの妊娠」(講談社)を、Netflixオリジナルシリーズとして、テレビ東京と共同企画・製作で実写化。「もし、男性が妊娠したら?」をテーマに、男性が妊娠、出産できるようになったが、マイノリティーである男性妊娠に対して風当たりの強い社会で、妊娠をきっかけにさまざまな問題に直面する健太郎が成長していく姿を描く。

 斎藤さんは、「情報、想像という入口しかなかった」と妊婦の役作りを、実際におなかを大きくして重みも忠実に再現してもらうことで、「行動の重心が変わってきた。自分の大事にするコアの部分が、よりおなかになってくるような。妊娠されている方はこのように日常がちょっとずつ変化してくるということを疑似体験させていただいた」と回顧。その結果、「自分の体が変化していくことで自分の心境が変わっていった」と役に入り込めたことを語った。

 斎藤さんは本作について、「個人的に現場に託児所を設けるプロジェクトをもくろんでいた中で、必然的に出合ったテーマ、作品でした」と明かし、「このキャッチーな作品、役柄を演じることで普段見えなかったものが見えたような気がする。この作品を作ったことによって、誰かにとっての必然が生まれることを心から願っています」とメッセージを送っていた。イベントには箱田優子監督も出席した。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る